「看板に偽りなし!!サクサクジューシー雞腿がたまら~ん」 玉林雞腿大王 No.5

1日目 その5

そろそろ、夕飯を食べに行きましょう。
MRT西門で降ります。

 

地元人気店はやっぱり早い時間に行くべし

本当は、夕方の早い時間に地元の人に人気の鍋屋さんに行く計画でした。
でも、日本出発から台湾入国まで時間が、予定より大幅に遅れてズレ込む事に。
何だかんだで、約2時間ほどのロス。

先に「食事に行くか?」それとも「ファーマーズマーケットに行くか?

ぴー助と話し合った結果、この日が最終日の「ファーマーズマーケット」に、行くことにしました。

「週末のみ開催☆農家さん直販ファーマーズマーケットは楽しい~」 希望廣場農夫市集 No.3

先に「ファーマーズマーケット」に行ったのは正解でしたよ。

ずっと行きたいと思っていたので、この機会を逃せばまた次の訪台まで、おあずけでした。
それに、行ったからこそ素敵な出会いもあったし、いい買い物もできたので大満足。

で、MRT西門駅からトコトコ10分くらい歩いてお店に向かうと

なぁ~なんだこの行列は
物凄い人が列んでる~

ぴー助

これじゃ、いつ食べられるかわからないね。

momo

時間がもったいないよ。

という事で、今回は鍋屋さんは見送りです。
やっぱり、人気店はオープンと同時に入るか、早い時間に行くのがベストですね。

雞腿の有名店「玉林雞腿大王」

momo

何食べる?

ここでぴー助のカンピューターが発動

カンピューターとは、説明しよう
ふとした時に「」とぴー助の「野生の勘がはたらく」「いいアイデアが浮かぶ」事を、momoは「カン(勘)ピューター」と呼んでいるのだぁ。

ぴー助

雞腿を食べに行こうぜ。美味しい店があるんだ。

momo

いいよ。行ってみよ~

途中、50嵐(wǔ shí lán)でジュースを購入。

雞腿のお店は、MRT西門駅の6番出口から徒歩3分
中華路と漢中街の間の、細い路地にありました。

入り口が小さいので、見逃しちゃいそうです

玉林雞腿大王(yù lín jī tuǐ dà wáng)

鶏もも肉の唐揚げが有名なお店で、西門で70年営業している老店

お店は、うなぎの寝床のように奥に長くなっていて、お客さんは7割ほど入っています。

好きな席に座って、注文表にチェックして、テーブル番号を記入してお店の人に渡します。

momo達は「雞腿飯」と「排骨」を注文しました。

お肉の他にも、エビや鱈(タラ)を揚げた物もあります。
それぞれ、ご飯とおかず付きのセットか、単品でも注文できます。
もありますよ。

雞腿は注文が入ってから揚げるので、15分位かかると言われました。

お肉が揚がるまで、免費(無料)のスープを飲みながら待ちました。

わかめスープ

スープやお箸などは、セルフです。

料理を待っている間、momoが座っていた席は、エアコンの風が直接当たる場所でした。

すると、

小姐(店員さん)

寒いんじゃない?
って声をかけてくれました。

momo

うん

小姐(店員さん)

向こうの席が空いたから、そっちに移動したらいいわ

momo

ありがとうございます

ちょうど、席を外していたぴー助が戻ってきたので、小姐が準備してくれた席に移動しました。
優しい気遣いがうれしいなぁ~

看板に偽りなしのジューシーチキン

料理がそろいました~
おいしそう

雞腿飯(骨付きもも肉の唐揚げ定食) 140元

ご飯と、雞腿は別々のお皿で出てきます。

ご飯の上には、魯肉(豚バラを甘辛く煮込んだもの)がかかっていて、3種類のおかずが添えられています。

おかずは、豆干(豆腐を乾燥させたもの)高麗菜(キャベツ)炒め海帶(昆布)の和え物でした。

雞腿は、食べやすいようにカットしてあります。
いただきま~す。

momo

ん~
パリッパリのサクサクジューシーでおいしい~

ぴー助

やわらかくて、ジューシーでうまい

甘酸っぱい烏酢のソースが、かかっています。
少しカレーっぽい風味もして、おいしかったです。

排骨(豚肉の唐揚げ) 80元

こちらも食べやすいようにカットして、タレがかけてあります。

momo

こっちもまた味が違って、やわらかくておいしい~

ぴー助

うん。悪くない

どちらも美味しいけど、やっぱり雞腿の方がおいしい
台湾の鶏肉は、いつ食べてもおいしいなぁ~。

店員さんも親切だし、感じが良いです。
看板に雞腿大王とある通り、期待を裏切りません

サクサクジューシーな雞腿、オススメで~す

つづく

お店Data
「玉林雞腿大王」

台北市萬華區中華路一段114巷9號
電話:02-2371-4920
営業時間:11:00~21:00
アクセス:MRT西門駅・6番出口から徒歩3分