「絵本の世界から飛び出した!」幾米月亮公車(ジミームーンバス) No.14

2日目 その7

幾米月亮公車に乗り込めば絵本の世界の登場人物になれちゃいます

ホテルで休んでエネルギーチャージしたので、お出かけしま~す。

MRT101駅の3番出口から徒歩4分
幾米月亮公車(ジミームーンバス)にやって来ました~。

台北101のはす向かいの信義路五段と、松智路の交差点に「幾米月亮公車」が登場したと言うニュースを聞いてから、今回絶対に行きた~いと思っていたんです。

幾米(ジミー・リャオ)」は1958年生まれ、台湾の宜蘭出身で台湾では知らない人はいない人気絵本作家。

幾米の描く絵本は、”大人の絵本”とも呼ばれています。

テレビドラマ化や、映画化された作品も多くてぴー助は、2003年公開の金城武が主演の映画、「ターンレフト・ターンライト(原題「向左走・向右走」)」がお気に入り。

momoは幾米の描く鮮やかな色使いや、個性あふれるキャラクター達が大好き。

そんな幾米の絵本の世界に飛び込めちゃうなんて素敵~

幾米月亮公車(ジミームーンバス)」は、幾米の人気絵本「月亮忘記了(君といたとき、いないとき)」をモチーフにしたバスです。

バスの前後にはシルバームーンがあって、バスの上にはお月さま。
ぐるっとバスを一周したけど、どこから見ても可愛い~。

大人気で行列ができる日もあるようですが、この日は並んでいませんでした。
早速、乗車~

バスの運転手さんは、クマちゃんでした。

バスに中は、幾米の絵本の世界が広がっています。
どこを見ても可愛い~。

ほっこり気分になります。

スポンサーリンク

そして、バスの奥には秘密のお部屋があって絵本の中の名シーンが展示してあります。

人が少なかったので、ゆっくり見る事が出来ました。

みんな笑顔で、思い思いに写真を撮っていました。
もちろんぴー助もmomoもずっと笑顔でした。

オススメで~す。

小雨が降っていたので101のテッペンは隠れていたけど、ライトアップされた101は綺麗

そして、別のビルにはハートマークが!可愛い~。
ご飯を食べに行きま~す。

昼間だとこんな感じです。

つづく

Data
「幾米月亮公車」

台北市信義區信義路五段100
9:00〜21:00  無料
定休日:毎週月曜はメンテナンスと清掃のため休み