プチ遠足☆台北から40分で行けちゃう「北投温泉」 No.25

6日目 その2

北投温泉ってどんなところ?

北投(ベイトウ)温泉は、1894年にドイツの商人オウリーによって発見。

1896年、大阪商人の平田源吾が北投で最初の温泉旅館「天狗庵」を開業。
現在の「北投加賀屋」が建っている場所に「天狗庵」があったそうです。

その後、日露戦争(1904~1905年)の際に日本軍傷病兵の療養所が作られ、それ以降、台湾有数の湯治場となりました。

戦前は、モダンな建物が並ぶハイカラな温泉街として知られ、1923年には当時皇太子だった昭和天皇も訪れました。

戦後は、中華民国(台湾)政府が歓楽街として置屋の営業を認めた為、売春目的で北投温泉を訪れる観光客が集まりました。

しかし1979年に公娼制度が廃止され、当時台北市長だった陳水扁の健全化政策によって置屋は消滅。
北投温泉は、親子で楽しめる観光地として復活しました。

北投温泉へLet’s Go!

MRTのレッドライン「淡水信義線」に乗って北投を目指します。

北投で降りて、今度はピンクラインの新北投」行きに乗り換えます。

北投駅のホームでは、可愛いキャラクター達がお出迎え。

電車が来るまでの間、一緒にパチリ。

少しすると電車が来た~

可愛いイラストが描いてあります。

momo達は、真ん中の車両に乗り込みました。

中はこんな感じ。

風呂桶が置いてあって、見ると中にはモニター画面があって、北投の色々なスポットを紹介

momo達は知らずに乗り込んで、タイミングよく座れちゃいました。
せっかく乗るなら、この席がオススメですよ~。

他の車両もそれぞれ、モニター画面があったり異なるテーマでラッピングされていました。

一駅の移動なので、乗っているのは3~4分だけど、可愛いラッピング車両が気分を盛り上げてくれます。

新北投に降り立つと、外は日差しがギラギラ眩しくて暑~い

北投公園をぶらりお散歩

緑の綺麗な公園には、小川が流れていて素敵な場所。

その緑のトンネルを抜けると、そこには素敵な木造建築の図書館がありました。

この台北市立図書館北投分館は、2014年にはCNNの「世界で最も美しい図書館TOP27」に選ばれました。

地下1階、地上2階、敷地総面積650坪のとても大きな図書館。
ドラマや映画のロケ地としてはもちろん、結婚写真や変身写真のロケ地としても定番のスポット。
温泉もいいけど、緑に囲まれた素敵な図書館でゆっくり過ごすのもいいなぁ。

Data
「台北市立図書館北投分館」

台北市北投區光明路251號
8:30〜21:00(日、月曜日は9:00〜17:00)

温泉オープンちゃんに会いた~い

ぴー助とmomoは、7-ELEVENのキャラクターのオープンちゃんが大好き。

北投公園近くの、7-ELEVEN加賀屋店にやって来ました。
お店に入ると「いた~温泉オープンちゃん可愛い~

オープンちゃんグッズも沢山あります。

スタンプもありました。(下のスタンプはMRTの新北投駅で)

それから、オープンちゃんと一緒に写真が撮れるプリクラもありますよ。
momo達も記念にパチリ。

撮影した画像は、 メールアドレスを入力すると取得URLが送られてくるので、そこからダウンロードして受け取れます

お店Data
「7-ELEVEN加賀屋店」

台北市北投區溫泉路73巷5號地下二樓之1

この日は物凄く暑くて、7-ELEVENで飲み物を買って休憩。
外を歩くには暑すぎたので、今回は地熱谷まで行くのは断念。
次回に持ち越しです。

おまけ
台湾の郵便屋さんに遭遇。

グリーンのレトロなバイクがかっこいい~。

つづく