「手打ち麺がムッチムチQQ美味しすぎて衝撃!!!」 姚家 蘭州手工現拉麵店 No.9

3日目 その3

ホテルに戻って来ました~。
ぴー助パパ&ママに

ぴー助

帰ってきたよ。
荷物持ってロビーに集合。
って連絡して、ホテルをチェックアウト。

「駅から徒歩5分☆立地・コスパ・スタッフ全部良~し」 高雄ホテルサンシャイン(高雄陽光大飯店) No.2

荷物を預かってもらって、お昼ご飯を食べに行きます。

手打ち麺が売り「姚家 蘭州手工現拉麵店」

お店までは、ホテルから歩くと20分くらいかなぁ。
若い人は歩いてもいいかもしれないけど、親世代にはちょっと遠い距離。

それに、外は殺人的に日差しが強くて暑いので、ホテルでタクシーを呼んでもらいました。
車だと、ピュ~ッと5~6分で到着。

お店は、表通りから路地に少し入った所にあります。

姚家 蘭州手工現拉麵店(yáo jiā lán zhōu shǒu gōng xiàn lā miàn diàn/ヤオジャー ランヂョウショウゴンシィェンラーミィェンディェン)

中国の蘭州地方の手打ち麺
が食べられるお店です。

開店時間を少し過ぎて入店。

二組お客さんがいました。
それぞれ食べたいものを、オーダー表にチェックして店員さんに渡します。

待っているとお店の奥から「パンッパン・バンッバン」と、何か叩きつける音が
見ると一生懸命麺を打っています。

momo

わ~すご~い

打ちたてを提供しているみたい。

だけど、少し時間がかかり過ぎかな?

お店は11時半オープン
日本だとオープン時間に合わせて麺をすぐに提供できる状態に準備して置くと思うけど、ここはオープンしてから生地を叩きつけながら伸ばして麺にしていく感じなのかな?

momo達より先に入店してた、日本人のおばあさんと、中国語が話せる男性(息子さんかな?)のお客さんがいたんだけど、時間がかかり過ぎて次の予定の時間が来てしまったみたいで、お店の人に注文をキャンセル

お店の人も慌てて「麺、茹で上がったから」って
すると男性は「じゃ持ち帰りにして」って言って持ち帰りにして、お店を出て行きました。
本当はおばあさんに食べさせてあげたかったみたいで、残念そうにおばあさんに謝っていました。

momo達が行った時が、たまたま時間がかかったのかもしれませんが、時間に余裕をもって予定に入れる事をおすすめします

momo達は小菜30元を取ってきて、ポリポリ食べながら待ちました。
これ、メンマじゃなくてタケノコで柔らかくておいしかったです。

スポンサーリンク

お待ちかねの打ち立て手打ち麺登場~♪

麺が茹で上がったら、次々に運ばれてきました。


ぴー助パパは牛肉拉麵(小)120元

ぴー助ママは排骨拉麵(小)100元

ぴー助は雪紅辣雞麵(小)90元
鶏肉と高菜のような青菜が乗っています。

momoは辣雞拌麵(小)90元
momoは写真を撮るより先に、麺を混ぜちゃいました。
麺の上には、菜っ葉のような青菜と鶏肉が乗っています。

雪紅辣雞麵」と「辣雞拌麵」は、見た目は青菜の違いだけかなって感じ。
牛スープが付いていました。

混ぜまぜしてタレにからめて、いただきま~す。

momo

ん~
麺がツルツルムッチムチで、コシがあっておいしい~

ぴー助ママ

QQでおいしいね~

ぴー助

なんじゃこりゃ~~
超~うめ~

ぴー助パパ

おいしいね~
みんなムッチムチQQな麺にノックアウト。

鶏肉は柔らかいし、唐辛子とニンニクが効いてておいしい~。

ぴー助の「雪紅辣雞麵」も味見させてもらいました。
お漬物が苦手なmomoなので、高菜を避けながら食べました。

あれ?青菜が違うだけかと思ったけど、こっちの方がおいしい気がする。

ぴー助にmomoの「辣雞拌麵」を食べてもらって感想を聞いたら、やっぱり「雪紅辣雞麵」の方がおいしいって。

どちらもおいしいけど、ぴー助&momoのオススメは雪紅辣雞麵です。
「牛肉拉麵」も「排骨拉麵」も味見させてもらったけど、おいしかったですよ。

最高においしい麺に出会えて幸せ~

また、食べた~い
リピート決定です

つづく

お店Data
「姚家 蘭州手工現拉麵店」

高雄市新興區青年一路176巷12號
電話:07-223-2789
営業時間:11:30~14:00・17:00~21:00
定休日:木曜日