「高雄の朝は超人気の朝ごはん屋さん★ハシゴで決まり~」 果貿來來豆漿・興隆居 No.7

3日目 その1

早安
帰国の朝です。

思いがけず2泊3日で高雄に来たけど、滞在時間は実質1日半だから短すぎるなぁ~。
残された時間は残りわずか。

ギリギリまで楽しむぞ~。

地元で大人気の朝ごはん屋さんに行ってみよ~♪

ホテルは朝食付きでしたが、せっかく高雄に来たんだから、ここでしか食べれない物を食べたい

ぴー助パパ&ママは、ホテルの朝食バイキングを食べて、お昼までゆっくりすると言うので、別行動することにしました。

momo達が向かったのはMRT市議會駅
前から行きたいとずっと思っていた、朝ごはん屋さんがあるんです。

momoとすっかり仲良しになった、ホテルのスタッフのおじちゃんも「オススメだよ」って言ってました。

駅の1番出口から歩くこと2~3分
見えました~

果貿來來豆漿(guǒ mào lái lái dòu jiāng/グゥォマオライライドウジィァン)

興隆居(xīng lóng jū/シンロンジュ)

二軒隣り合って営業している朝ごはん屋さん。
どちらも超有名店です。

まずは「果貿來來豆漿

お客さんが多くて、油條(中華揚げパン)・蘿蔔糕(大根餅)・蛋餅(卵巻きクレープ)など、飛ぶように売れていきます。

ものすごい活気に圧倒されて躊躇しちゃいそうでした。
(お客さんが多くて店内の写真撮れませんでした)

注文方法
お店で食べる場合は、トレイに好きな食べ物を乗せて、最後に豆漿やドリンクをレジの所で注文して支払いします。

momo達は、お隣のお店にも行きたかったので、人気の肉湯包 13元を外帯(テイクアウト)
置いてある袋に自分で入れて、お会計しました。

続いてはお隣の「興隆居」1954年創立の老舗です。

こっちも行列が出来ています。

お隣のお店と同様に、油條(中華揚げパン)・蘿蔔糕(大根餅)・蛋餅(卵巻きクレープ)などが食べらます。
ここも、湯包が人気

注文方法
momo達は、湯包が食べたいので「湯包」の列に並びます。

それ以外が欲しい場合は、店内に進んで内用(店内で食べる)か、外帯(テイクアウト)かを伝えて、欲しいものを直接トレイに載せてお会計の所へ持って行きます。
置いていないものや、飲み物は直接オーダーすればO.K。

湯包は、次から次に作って蒸しているけど、みんな大量に買って帰ったりするから列が進まない。
ハァ暑い~

10分くらい待って、やっと順番が来ました。

湯包 15元・割包 30元・豆漿 15元を注文。

店内でいただきます。
1階は満席。
お店の人が「2階に上がって」って言ったので2階へ。

でも、2階席もほとんど席が埋まっていました。

すると、お店のおじちゃんが、食べ終わって話が盛り上がっている男子学生達に

先生

お客さんが増えてきたから、食べ終わったなら席を空けなさい
って言ってくれたので、座ることが出来ました。

おじちゃん、謝謝

スポンサーリンク

人気の「湯包」食べ比べ実食

いただきま~す
果貿來來豆漿」の肉湯包から。

肉湯包という名の通り肉汁がたっぷりで、ゴロっとした肉餡が入っています。

皮にも肉汁が染み込んでいて、一口かじるとお口の中にはジュワ~っと肉汁がいっぱい。
美味しすぎてたまんない

お次は「興隆居」の湯包

こっちも中にスープが沢山入っています。餡はキャベツがたっぷり入った肉餡です。

キャベツがシャキシャキして、あっさりだけど旨味たっぷりでおいしい~。
何個でも食べれそう

割包は、台湾風のハンバーガー

ふかふかの饅頭に分厚い角煮と、たっぷりの酸菜(高菜のような漬物)・花生粉(ピーナッツ粉)・香菜(パクチー)が挟んであります。

momoは、お漬物が苦手なので食べれません。
ぴー助は大好きなので

ぴー助

うめ~
って大満足です。

まとめ

両方の湯包を食べ比べしましたが「果貿來來豆漿」も「興隆居」も、どっちもおいしい~。

果貿來來豆漿は、肉肉しくてジューシー
興隆居は、お野菜のスープとお肉のスープがたっぷり

それぞれの良さがあるので、ぜひ両方食べてみて欲しいです。

どちらも、スープがたっぷり入っているので「肉汁ブシャー」しないように気を付けて食べましょう。

近所にあったら、毎日通いたいお店です。

思い出しただけでも、お腹空いてきた~。
また、食べたいなぁ~。

つづく

お店Data
「果貿來來豆漿」

高雄市高雄市前金區六合二路186號
5:00~11:30
TEL:07-281-8512

お店Data
「興隆居」

高雄市高雄市前金區六合二路186號
3:00~11:00(包子の提供は3:30~)
定休日:月曜日
TEL: 07-261-6787