「台鉄に乗って(=^・・^=)にゃんこ村に行ってみよ~①」台北→瑞芳 No.27

4日目 その1

まずは「台北」から台鉄で「瑞芳」まで Let’s Go~!!!

早安
今朝は4時半に起床です。
ん・・・・まだ眠い
エンジンかかるまで時間がかかるmomoはベットでゴロゴロ。

準備を済ませて、ホテル近くの大同公司(晴光市場)バス停から台北駅に向かいます。
外はまだ、真っ暗。
ほぼ定刻通りにバスが来たので、310番のバスに乗り込みます。

6時前に台北駅に到着。
朝早いので、駅も薄暗く人がまばらです。

窓口で切符を買いま~す。
瑞芳(ruì fāng/ルイファン)まで、自由席大人2枚下さい」

「瑞芳までなら、今の時間は指定席の方がいいですよ。」って親切に提案してくれたので、指定席2枚(1人74元)購入しました。

列車の到着まで時間があったので、台湾の黒熊のキャラクターとパチリ

それから、待合所のコンビニで朝食のサンドイッチとおにぎり、それと飲み物を購入。

スポンサーリンク

そして、5分前にホームに向かいました。
定刻通りに列車が到着したので乗り込むと、乗客がいっぱい。
立っている人も沢山います。

窓口のお兄さんの言う通り、指定席を買ってて良かった~。

だけど指定の座席に行くと、台湾あるある
私の指定席に他の人が座ってる~でした。

切符を見せて「すみません」と言うと、若いお兄さんはすぐに移動してくれましたが、おばさんは嫌そうな顔をしてブツブツ言いながら席を空けてくれました。

初めは悪いなぁ~って胸を痛めることもあったけどぴー助に「台湾では指定席でも、空いてる席に座るのは普通だし、当然座る権利がある人が来たなら席を譲るのがルールだ気にするなって教えられてからは、台湾ではホントによくある事なのでmomoもすっかり慣れちゃいました。

だから、たとえ文句言われても気にしな~い。
だってmomoは、きちんと料金払ってるんだも~ん。

瑞芳までは、38分です。
コンビニで買った朝食を食べたり、外の景色を眺めていたらあっという間に瑞芳に到着しました。

一度、改札を出ます。

今日のお天気は曇りです。
瑞芳駅は、駅の側から「九份」や「金瓜石」行きのバスが出ているので観光客も多く利用します。

平渓線の駅を沢山利用する場合は、瑞芳駅の窓口で一日乗車券65元がお得ですよ。
今回momo達は、悠遊カードで乗り降りします。
改札に青い機械があるので、それにカードをピッとタッチします。

momo達は、ここの駅で今度はにゃんこ村に向かうために平渓線の列車に乗り換えます。

注意
平渓線は1時間に一本しかないローカル線なので、時刻を確認して計画を立ててくださいね。

目指すは猴硐(hóu dòng/ホウトン)
今回の旅で、とても楽しみにしていたローカル線の旅がいよいよスタートです。

つづく

ローカル線の旅にお薦めの一冊

【台湾本】”台湾で日帰り旅”「鉄道に乗って台湾のローカルに出かけよう」