天天利美食坊 阿宗麵線 西門紅樓創意市集 No.12

3日目 その2

とろ~りたまごがたまらない! 天天利美食坊

お昼ごはんを食べるため、MRTに乗って西門町に来ました。
西門町は「台北の原宿」とも呼ばれていて、若い人達に人気があるショッピングエリアです。

旧台北城西門の外側にあたる地域で、日本統治時代の1890年、荒れ地だった門外に日本人向けの繁華街が建設されました。
そして、西門町という名前がつけられました。

その後1990年代、歩行者天国となって車の立ち入りが規制され、気軽にショッピングが楽しめる場所として発展しました。
週末には、多くの買い物客と観光客で賑わっています。

賑やかなメインストリートの漢中街を進むと、天天利美食坊があります。

人気店なので、行列ができています。
お店はカウンターと長いテーブル席のみで、こじんまりしています。

だけど回転が早いので、少しだけ待って店内へ。
ここに来た目的は、絶品と評判「半熟目玉焼きのせ滷肉飯(ルーローファン)」を食べるため。

忙しく接客している小姐(店員)に注文票を渡します。
注文の品が揃ったら、座席でお会計。
楽しみ~

きました~ 滷肉飯加蛋(小)35元

滷肉飯の上に目玉焼きが乗っています。
たまごにお箸を入れると、黄身がとろ~り。

ヤバーイ いただきま~す。

滷肉は赤身のミンチを甘辛く煮込んであって、八角などの中華スパイスも入っていないので、苦手な人でも大丈夫。
少し濃い目の味付けなので、たまごと一緒に食べるととっても美味しい~。
お箸が止まらな~い。

香菇肉羹 50元

このスープも、メニューにあったら必ず注文する一品。
少し甘酸っぱいとろみスープの中に、細切りにした筍、椎茸、肉だんごが入っています。
はぁ~美味しい~
二人ともペロリと完食。
滷肉飯もスープも最高に美味しかったです。
リピート決定 No.1滷肉飯です。

お店Data
「天天利美食坊」

台北市漢中街32巷1號
9:30~22:30
定休日 月曜日
地図はここから

カツオ出汁が美味しい 阿宗麵線

せっかく西門町に来たので、もう一軒。
1975年に手押し車の屋台として、営業をスタートした麺線の有名店

阿宗麵線

麺線とは日本のそうめんに似た、台湾独自の細い麺です。
いつ来ても行列ができています。

小碗 50元を注文。

昔食べた時は、お椀に入れていましたが、何年か前からは使い捨てのカップに変わりました。

店先に少しだけ椅子があるけど満席なので、立ったままいただきます。
鰹節の出汁の効いたとろみスープに、煮込んだ豚の大腸と、香菜がトッピングされています。

香菜が苦手な方は「不要香菜(ブーヤオシャンツァイ)」と言えばO.K
この日は、香菜じゃなくて台湾バジルでした。

味を変えたい方は、辛いソースや酢、にんにくソースが置いてあるのでどうぞ。
momo達はいつもノーマルでいただきま~す。

一口食べると、鰹節の美味しさが口いっぱいに広がります。
モツも臭みもなくて美味しい~。

頼りない薄いプラスチックのレンゲで食べるのに、初めは上手く麺がすくえなくて、四苦八苦したけど、今ではこれで食べると「台湾に来たな~」って気分になります(笑)
あちこちの麺線を食べたけど、カツオ出汁が効いて美味しいのはここかなぁ。
座って食べたい方は、忠孝店がオススメ。

お店Data
「阿宗麵線」

台北市峨嵋街8號之1
月~木曜日 9:00~22:30
金土日曜日 9:00~23:00
地図はここから

毎週末開催 西門紅樓創意市集

西門町に来たもう一つの目的は、毎週末に開かれる若手クリエイター達の作品を販売するフリーマーケット。
ぴー助もmomoも、このフリマが大好き。

場所は、西門紅楼の前の広場。

若いクリエイター達がブースを設けて、衣服、アクセサリー、雑貨などを販売しています。

初めの頃より作品のクオリティも高くなっているし、台湾らしいカラフルで可愛い雑貨が沢山あって、見ているだけでも楽しい~。

お店の人とのやり取りも楽しいし、みんな一生懸命なので応援したくなっちゃう。
今回は、ピアス、カメラストラップ、バック、ミラーを買いました。

つづく

お店Data
「西門紅樓創意市集」

台北市萬華區成都路10號
西門紅楼北広場
土曜:14:00-22:00
日曜:14:00-21:30