曾拌麵 ピロピロ麺がQQで美味し過ぎるインスタント袋麺

ピロピロ麺 曾拌麵

ネットで話題の「麺」を先日、台湾で買って来ました~。

味は何種類かあって、momo達は香蔥椒麻味4袋入りで168元(ibon martで購入)を買いました。

「曾國城」と言う美食家のタレントさんが、色々とこだわってプロデュースした自信作。

袋には、世界十大美味麵食TOP.10って書いてあるし。
そんなに凄い麺なのか 期待大

外袋を開けると、こんな感じ。

大きく「曽」って 大きく自分の名前が
これは、相当自信があるらしい

拌麵の「拌(bàn/バン)」は、混ぜる、かき混ぜるの意味なので、汁なし麺です。
中身を取り出すと、ウエーブのかかった太い麺と、タレとラー油が入っています。

早速、書いてある通りに作ってみよう。

1 お鍋に約800ccの水と、適量の塩を入れて加熱

2 沸騰したら麺を入れて、5~6分茹でます。

3 水気を切って、お椀に入れたらタレと、お好みでラー油を入れて混ぜ混ぜしたら出来上がり~

卵と葱をトッピングすると美味しいよ~ってあったので、卵を乗せました。

麺は、見たことのないピロピロ麺
食べるとツルツルで、超QQ(Q=台湾用語で、モチモチ、弾力があると言う意味)

タレ
お醤油ベースに葱油のいい香

ラー油
椒麻(ジャオマー)で花椒(中国山椒)のピリ辛で、香の高い油

QQのピロピロ麺に、タレがよく絡んでピリ辛だけど、とっても美味しい~
久々のヒットです。
ぴー助も美味し過ぎて大興奮で「もっと沢山、買ってくれば良かった~って言ってました。

お手軽B級グルメ 葱抓餅

麺だけじゃ寂しいので、もう一品。
葱抓餅は、葱入りの薄いデニッシュ生地でサクサク、モチモチの食感が楽しい屋台グルメ。
朝食や、おやつとして食べられています。

そんな葱抓餅が、日本の業務スーパーで冷凍で売っているので、我が家の常備品です。

作り方はとっても簡単

1 袋から取り出して、フライパンに油をひかずに凍ったまま入れて焼きます。

2 両面きつね色になるまで焼いたら、フライ返しとお箸を使って、生地に空気を含ますかのように、シャカシャカします。

ふわっとなったら、一度取り出します。

3 同じフライパンに油を少しひいて、卵を割り入れて少し混ぜたら、火が通る前に葱抓餅を上にかぶせます。

4 ひっくり返して、ピザ用チーズを乗せて半分に生地を折ったら、後は予熱でチーズが溶けたら出来上がり。

我が家は油膏と言う、甘めでとろみのある台湾のお醤油をつけて食べます。(日本のお醤油+オイスターソース+砂糖で甘辛いソースを作ってもO.K みたらし団子のタレの少ししょっぱい感じの味)
ソースは、お好みでどうぞ。

今日のランチは、こんな感じになりました~。

お手軽に台湾の味が味わえて大満足

つづく