一品塘 手工杏仁奶酪 阿江炒鱔魚 聖記軟骨飯 No.10

2日目 その6

マンゴーごろごろ 一品塘 手工杏仁奶酪

一休みして元気回復。
夕飯を食べに行きます。

でもその前に、デザートタイム。
もう一軒、食べに行きたいかき氷屋さんがあるんだぁ~
ちょうど、夕飯で行くお店の手前にあるから、寄っちゃおう。

一品塘 手工杏仁奶酪

海安路沿いにある手作りの杏仁豆腐の店だけど、この時期は芒果牛奶冰がオススメということなので、さっそく注文。

おばちゃんが「杏仁豆腐も手作りで美味しいよと言ったのでプラスしまた。

芒果冰加杏仁奶酪 125元

お店の前にある歩道にあるテーブルで待っていると、大きくカットされてお皿からこぼれそうなマンゴーゴロゴロの芒果冰が来ました~

氷はガリガリの氷だけど、マンゴーが甘くて美味しい~。
しかも、一口ではかぶりつけ無いほどの大きさです。

「美味しかったよ~と言ってお皿を下げると、おばちゃんが「お店の向かいのテーブルに置いてある、ドライフルーツとか果物も見ていって」と言うので、見てみる事に。

お客さんがmomo達しかいなかったので、おばちゃんが店から出てきて丁寧に説明&試食させてくれました。

いろいろ試食して、ドライマンゴーを買いました。
「自家農園を持っているから、自家製のドライマンゴーなのよ」と言ってました。
一袋200元だったかな?

肉厚で、柔らかくて、香りが良くて、とっても甘くて美味しい~。
今まで食べたドライマンゴーのなかでNo.1です。
おばちゃんも、とても優しくて笑顔がステキ。
台南行ったら是非また行きたいお店になりました。

お店Data
「一品塘 手工杏仁奶酪」

台南市中西區海安路二段193號
10:30~23:30
定休日 無し
地図はここから

台南名物の鱔魚は絶品 阿江炒鱔魚

マンゴー美味しかったねぇ、って言ってたら目的のお店が見えてきた。

ぴー助とmomoは、鱔魚(タウナギ)が大好き。
台南に来たからには、ハズせない。

お店の前には沢山の人が並んでいます。
店構えは、とてもレトロ。
お世辞にも綺麗とは言えないけど、なんかいい感じ。

乾炒鱔魚意麵 100元 と 鱔魚意麵 80元 を注文。

お客さんが多くて座れそうになかったので、外帯(持ち帰り)にしました。

おじちゃんが、強火でチャチャチャっと次々と注文をさばいていきます。
周りには香ばしいいい香り。
momo達のも出来がり~。
ホテルに帰ります。

お店Data
「阿江炒鱔魚」

台南市民族路三段89號
月~土曜日 17:00~2:00
日曜日   17:00~0:00
地図はここから

トロトロ軟骨飯 聖記軟骨飯

ホテルに戻りながら、美味しそうな物無いかなぁ~とキョロキョロ。
すると、歩道でなにやら美味しそうな物を作っている。

ぴー助の、美味しい物センサーも反応

お店を見ると、軟骨飯と書いてある。
家でも軟骨煮は作るけど、台南の軟骨ってどんなんだろう。

軟骨飯大60元を外帯(持ち帰り)。

お店のおばちゃんは、とても優しくて「美味しいよ~って、ニコニコしながら準備してくれました。
さぁ~早くホテルに帰って温かいうちに食べよう。

お店Data
「聖記軟骨飯」

台南市中西區民生路二段110號
11:00~21:00
定休日 日曜日

台南ラストナイトの夕食

夕食がすべて揃いました。
いただきま~す。

乾炒鱔魚意麵

黒胡椒の効いた甘酸っぱくて、香ばしい焼きそば麺。
鱔魚がコリコリしてて美味しい。

鱔魚意麵

こちらは甘酸っぱいあんかけ焼きそば。
鱔魚がプリプリ。

どっちも美味しい~。
日本では食べられない物だから両方おすすめ。

軟骨飯
もりもりのご飯の上に、たっぷりの軟骨とメンマが乗っています。
軟骨はトロトロに煮込んであって、とっても美味しい~。
味も濃くなくて、中華系香辛料も入っていないので、みんなが大好きな味付けです。
ぴー助も「うめぇ~ってぺろっと完食。

食後のデザートは昼間、裕成水果行で持ち帰った、カットマンゴーとカットパインをパクリッ

今日も1日沢山食べて歩いたので、マンゴーとパイナップルの酵素で消化促進&披露回復

台南の二日間はあっという間でした。
明日はバスで台北に移動なので、早めにおやすみなさい。

つづく