Googleアカウントの2段階認証を設定した後にアプリパスワードを使用しよう

「你好」ぴー助です。

前回の記事「Gmaiiを使用するなら2段階認証を導入しよう」で、Gmail2段階認証を導入する方法について書きましたが、そうすると、今まで使っていたメール、カレンダーなどのアプリが一時的に使えなくなってしまいます

それで、アプリパスワードを生成する事で、二段階認証に対応していないアプリ等が使用出来るようになります。
アプリパスワードも簡単に作成出来るのでやっておくと便利です。
オススメします。

Googleアプリパスワードの作成方法

まず、自分のGoogleアカウントにログインします。
ログインとセキュリティをクリック。

アプリパスワードをクリックし、
再度、Googleアカウントのパスワードを入力します。

アプリを選択をクリックして選択します。
該当するものが一覧にない場合には、「その他(名前を入力)」をクリックして手動で入力します。

端末を選択をクリックし、該当が無ければ「その他(名前を入力)」をクリックして手動で入力します。

アプリと端末の選択が終わったら生成をクリックします。

生成されると16文字のアプリパスワードが生成されます。

このパスワードを、端末内のアプリのパスワードの所に入力する事で、メール、カレンダー等のアプリを、今まで通りに使用出来るようになります。
このパスワードは、また使う事は無いのでメモっておく必要はありません。

最後にGmailを使用してるなら是非2段階認証を導入する事をおすすめします

Googleも次のような理由で「2段階認証」の導入を勧めています。

あなたが考えている以上にパスワードを盗むことは簡単です

次のようなよくある行為では、いずれもパスワードが盗まれる可能性があります。

  • 複数のサイトで同じパスワードを使用する
  • インターネットからソフトウェアをダウンロードする
  • メールの本文にあるリンクをクリックする

2 段階認証プロセスを使用すれば、パスワードが盗まれてもアカウントの不正使用を防止できます。

アカウントとその中のデータにアクセスできなくなったら大変です

パスワードが盗まれると、あなた自身がアカウントから締め出され、
次のような問題が発生する可能性があります。

・メール、連絡先、写真など、すべて見られてしまいます
(削除されるかもしれません)
・あなたを装って、連絡先に不要または有害なメールが送信されてしまいます
・乗っ取られたアカウントを使って、あなたの他のアカウント(銀行、ショッピングなど)
のパスワードが再設定されてしまいます
”Google 段階認証プロセスから引用”

前回の記事「Gmaiiを使用するなら2段階認証を導入しよう」でも書きましたが、メールを乗っ取られてから対策を講じると多くの時間が取られます

実際、私も乗っ取り被害にあったメールアドレスを変更して
登録していたサイトなどの変更で、丸1日費やしてしまいました。

それで、最初に2段階認証アプリパスワード生成をしてセキュリティを高めておく事をオススメします。
被害に遭ってから対策すると手間が掛かりますから。

また、リスクを分散するために複数のメールアドレスを使い分けるのも1つの方法かもしれないですね。