Gmaiiを使用するなら2段階認証を導入しよう

「你好」ぴー助です。

先日、使用していたフリーメールが乗っ取られました
自分が送っていないメールが友人に届いていて、少しおかしな日本語でリンクをクリックするように誘導する文面だったそうです。

夜中に送信されたメールだったので、自分が送ってないのは確実です。
それで、メールのセキュリティを上げるためにGmailの2段階認証を導入する事にしました。

2段階認証とは

普通はIDであるメールアドレスと、パスワードでログインします。
しかし、パスワードが流出してしまうと他人が自分の代わりにログインして乗っ取られてしまうかもしれません。

それで、もう1段階の認証を行う事で防ぐ事が出来るようになります。
2段階と聞くと煩わしいように感じますが、簡単に設定できますので、乗っ取り等の被害に遭う前に設定する事をお薦めします。

2段階認証を設定する

まず、グーグルのアカウントを取得します。
そして、ログインします。

そしてアカウントをクリックします。

次のような画面に変わります。
左上にあるログインとセキュリティをクリック。

それから、変わった画面を下にスクロールして、
2段階認証プロセスをクリック。

それから開始をクリック。

本人確認のために、Gmailのパスワード入力します。

次に、二段階認証のためのコードが送られてくる、スマートフォンの番号を入力します。

コードの取得方法でテキストメッセージを選ぶとSMSでコードが送られて来ますので、次の画面でコードを入力します。

オンにするをクリック。

これで第一段階が終了です。

2段階認証プロセスの「Google prompt」(Googleからのメッセージ)を設定する

2つ目の手順の確認コードの入力が面倒な場合をクリック。

そして、開始をクリック。

それから、次の画面の手順通りに行い次へをクリックします。

画面に自分のスマートフォンが認識されているのを確認したら次へをクリックします。

次の画面に変わります。

そして、スマートフォンに次の通知が来ます。
はいをクリックしてください。

これで、2段階認証の設定は完了です。

設定を確認すると、Googieからのメッセージデフォルトになっています。

注意
注意する点として、2段階認証を設定すると、今まで使っていたメールアプリやカレンダー等が一時的に使えなくなります。
それを回避するための設定方法について次の記事で書きたいと思います。

続きの記事「Googleアカウントの2段階認証を設定した後にアプリパスワードを使用しよう