胸キュン家電 大同電鍋がやってきた

電鍋とは?

発売から50年以上たった現在でも、台湾人の暮らしにかかせないレトロなデザインが愛らしい大同電鍋

一家に1台は当たり前で、コンビニや食堂など多くの場所で目にします。
使い方はとっても簡単。

鍋にコップ1杯の水を入れたところに、食材を入れた内釜をセットして、スイッチ・オンするだけで、蒸気によって蒸す煮る、ご飯を炊くなどの調理が出来ます。

うまうま~大同電鍋で油飯作ったよ

外鍋に入れた水が無くなれば、スイッチが自動でオフになって保温に変わるので、スイッチを入れた後はほったらかしで他の作業が出来るので、とっても便利。

「出たよ~電鍋レシピの日本語版」はじめまして電鍋レシピ-台湾からきた万能電気釜でつくるおいしい料理と旅の話

台湾に行くたびに「うちにも欲しいなぁ~とずっと思っていました。
そんな電鍋が2014年遂に我が家にやって来ました

電鍋がやって来るまで

いつかは欲しいなぁ~と思っていた電鍋。

初めはピンクの電鍋を見つけて、カワイイと胸キュン。
けれど、なかなか日本に連れて帰る勇気がありませんでした。

そんなある日、PChomeという台湾のショッピングサイトを見ていたら、ティファニーブルーの電鍋を発見。
ブルーが大好きなmomoあまりの可愛さに胸キュンが止まらず、ぴー助に「今度こそ電鍋を連れて帰ると宣言しました。(笑)

この時の旅行中の滞在先は、天成大飯店
ホテルでぴー助がコンシェルジュのお兄さんに、ティファニーブルーの電鍋の写真見せて

「これが欲しいけど、どこの店に行ったらあるかなぁ?」

と尋ねると、お兄さんはまず大同電鍋の会社に電話して聞いてくれました。
回答は、ティファニーブルーの電鍋は店頭では販売してなくて、PChomeでしか購入できないとのことでした。

すると、コンシェルジュのお兄さんが「自分がPChomeで買ってホテルに届くようにしてあげるから、僕に代金払ってくれたらいいよ」って言ってくれました。

なんて優しくて親切なお兄さん
お言葉に甘えてお願いすることにしました。

注文した翌日の夜、ホテルに届きました
フロントに受け取りに行くと、コンシェルジュのお兄さんが持ってきてくれて

「中身確認して」と言うので、色と付属品を確認。

「間違いないよ」と言うと、電鍋持って帰る日本人妻が珍しかったのか他のスタッフも集まってきました。(恥ずかしい

コンシェルジュのお兄さんをはじめ、数人の他のスタッフみんなが笑顔で「いい買い物したね電鍋は便利でいい鍋だよ」と言ってくれました。

こうして電鍋を無事ゲット出来ました。
2380元、当時のレートで7000円位だったと思います。

天成大飯店のコンシェルジュの皆様ありがとう。多謝。

スポンサーリンク

電鍋日本上陸に大苦戦

しかし日本に着いてから、まさかの大苦戦
空港で荷物の受取を待っていると、先に預けた電鍋が出てきました。

そして他の荷物が出てくるのを待っていたら、探知犬を連れた係のお姉さんが近づいて来て、探知犬が電鍋をクンクン。

お姉さんが「肉などの持ち込みはありませんか?」と尋ねるので

「無いです」

しばらくすると今度は、係のおじさんがまた「肉の持ち込みはありませんか?」と尋ねるので

「無いです」

さて他の荷物もそろったので税関審査へ。

するとここで、係のお兄さん電鍋の箱を指して「これはなんですか?」

「炊飯器の鍋です」と答えると、すっごく怪しむお兄さん。

箱には電鍋の絵が書いてあるし、電鍋って漢字も読めるから、見れば分かるのに~、なんも問題ないでしょう?と思っていました。

別の係のお兄さんが「X線検査していいですか?」と。

お姉さんをはじめみんな何を疑っているのか、ちょっとだけmomoもぴー助も呆れモード
そりゃ日本の電化製品は世界一だと思うけど、台湾で鍋を買って帰るのがいかんのかぁー

だけど、ぴー助もmomoも「箱開けて確認しても大丈夫ですよ~」と、一応大人なので笑顔で対応。

係員さん「X線で確認するので大丈夫ですよ」

かな~り入念に時間をかけて検査されました。

結果「あ、お鍋ですね。問題無いです。ありがとうございます

だから~さっきから鍋だって言ってるじゃん(怒)
はぁ~最後の最後でどっと疲れました
まあ何はともあれ、こうして我が家に電鍋ちゃんがやって来ました

大活躍!!大同電鍋のお手入れ方法 簡単♪大同電鍋のお手入れ方法☆内釜編☆

Yahooショッピング、大同日本電鍋から購入出来ま~す。