「ありがとう台湾☆またね~」 No.57

7日目

早安
朝になってしまったぁ

朝が苦手なmomoには、4時起きは辛い

「あらっ?そう言えばいつものぴー助の『起きなさ~い』が無いわ
って、隣を見たらぴー助はぁはぁしてチ~ン

昨日、頑張ってラスト台湾を楽しんだ結果、夜中にまた熱を出していたみたい。

momoも疲れてグッタリだったから、気づかなくてごめんね。

なんとかぴー助も起き上がって、シャワーを浴びて荷物をまとめてホテルをチェックアウト。

ホテルから空港行きバス停までは歩いてすぐ

桃園空港行きバス停までホテルから歩いて4分。
長榮桂冠酒店(エバーグリーンホテル)手前にある長安東路二段」バス停です。

バス 5201番
料金 140元
午前5:00から20~30分間隔で運行

バスが来たので乗り込みま~す。
ぴー助の体調が悪かったので、写真なくてごめんなさい
前回の記事を参考にして下さい。

掰掰(バイバイ)またね~台湾 No.31

バイバイまた来るね~

予定通り桃園国際空港第二ターミナルに到着。
チェックインして荷物を預けたら、4階の「好食城(グレートフードタウン)」へ。
3階の出発階を見おろすことのできるフードコートです。

momo達は朝の早い便なのでフードコートも、まだ1・2件しかオープンしていません。

なので、ここを利用するお客さんは少なくて、テーブル席もたくさんあるのでいつもここで朝食をいただきます。

今回は、ホテルで前日にお願いして、朝食BOXを準備してもらいました
朝食付きプランだったので、特に朝食BOX分の追加料金は取られませんでしたよ。

「リピート決定!! 駅から徒歩2分★おしゃれで快適」 フォワードホテル台北(台北馥華商旅) No.45

BOXには、紅茶と、ハムマヨパンと、ジャムがサンドされたカステラパンが入っていました。

紅茶とハムマヨパンをいただいて、カステラパンは持って帰りました。
どちらのパンもふわふわでやわらかくて、おいしかった~。

バスの中で寝たのと、ゆっくり朝食をとれたのでぴー助も少し元気が出たみたい。

スポンサーリンク

さぁ~混まないうちに出国手続きを済ませよう

スムーズに出国手続き出来てよかった~。
免税店や、お土産屋さんを眺めながら出発ゲートに向かいます。

すると、展示スペースにぴー助が子供の頃から見ていて大好きな人形劇の展示がありました。
布袋劇」と呼ばれていて、台湾で1980年代から今日まで放送されている人形劇です。

起源は17世紀中国福建省ですが、台湾では「霹靂台灣台」と言う本格的な人形劇専門チャンネルがあるほど人気があります。
ぴー助は、台湾に行くと必ず今でも見ていますよ。

木製の骨組みで構成された精巧な人形に服をまとわせて、人が動かしているのですが、その動きがリアルでmomoは初めて見た時ビックリしました。

アクションの動きもすごくて、生きたるみたい。
台詞は全て台湾語で(中国語字幕あり)、一人の人が声色を変えながら演じています。

momoは、台湾語はほとんど分からないのですが、台湾語の「」が好きで台湾語を聞いてるだけでも面白くて楽しい~。
音真似しながらmomoも人形が繰り出す技をぴー助に繰り出しています。

2016年には、日台合作の現代布袋劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』が放送されました。
でも、ちょっとリアル過ぎる戦いのシーンはmomoは嫌でした。
やっぱり、戦っても血とか出ない「布袋劇」の方がmomoはいいな。

いよいよ飛行機に乗り込む時間になりました。
あっという間の6日間。
今回も、沢山の素敵な出会いがありました。

momoにとって「台湾」は、元気をもらえる場所
訪れる度に新しい発見があって、何度でもまた行きたいと思わせる国です。

ぴー助の仕事の都合で、なかなか休みが取れない我が家にとって台湾旅行は一大イベント
二人とも台湾が大好きだから全力で楽しみた~い
だけど、全然時間が足りな~いって、毎回不完全燃焼で帰国

機内食を食べて、一眠りしたら到着。
日本に着いた瞬間、台湾行きたい病発症です。
次は、いつ行けるかな~

これで2016年の台湾旅行記はおしまい。
お付き合いくださって、ありがとうございます。
謝謝你。(xiè xiè nǐ/シェシェ二ー)
多謝你。(ドオシャーリー:台湾語)
次は、2017年の旅行記を書いていきます。