「うまみと肉汁があふれ出す★激ウマ!! ガチョウ肉」 阿城鵝肉 No.46

5日目 その6

ホテルはそれぞれの部屋でエアコンの温度調節が出来るので、快適温度でゆっくり休めました。

ベットも広くて、寝心地いいです。

少し休んで二人とも元気回復したので、夕飯に出掛けま~す。

ガチョウ肉最高~「阿城鵝肉」

台湾に来たら、絶対に食べて帰りたいお肉があります。
それは、牛でも豚でも鶏でもなく鵝肉(é ròu/ガチョウ肉)

日本では、ほとんど馴染みのないガチョウ肉。

momoもぴー助と結婚してから台湾で初めてガチョウ肉を食べて、感動しました。
それ以来、すっかりガチョウ肉の虜になっちゃったんです。

今回も食べて帰りた~い

ちょうど、ホテルから歩いていける距離にガチョウ肉のお店があったので、行ってみることにしました。

ホテルから徒歩10~15分
お店の名前は阿城鵝肉(ā chéng é ròu/アーチォンエ”アロウ)

momo達は18時前に到着しましたが、店内はすでに満席。
人気なんですね~。

お店の人に聞いたら「結構、待つかも」と言われたので、外帯(持ち帰り)にして、ホテルで食べることにしました。

注文はチェックシートに記入します。

momo達が待っている間にも、空席待ちの人や、持ち帰りの人が次々にやって来ました。

地元の人にも大人気みたいだから、期待が高まるなぁ~。

しばらくすると、注文した物が出来上がりました。
受け取って、ホテルに戻りま~す。

スポンサーリンク

ガチョウ肉ちゃん你好~♪

momo達が注文したのは、こんな感じです。
いただきま~す。

鵝油拌飯(小) 15元×2個
ガチョウ肉を燻製させるときに出る肉汁(油)を、ご飯にかけたもの。
これが、とっても美味しい~。

日本にいると体の事とか、カロリーを気にしちゃうけど、台湾に来たら「ここでしか食べられないし、そんなの関係ねぇ~」って、ついジャンキーな食べ物に手が出ちゃいます。

杏鮑菇香腸 3本100元
エリンギ入りのソーセージ。
食感が良くて美味しいので、オススメ。
1本から注文できますよ。(1本35元)

鵝肉 前半段(2~4人前) 300元
ガチョウ肉は、部位と調理法が選べます。
部位
前半段=胸肉
後半段=もも肉

調理法
煙燻=燻製したもの
白斬=塩で煮たもの

momoのオススメは、前半段煙燻です。

2人ともガチョウ肉が大好きなので、沢山注文しました。
燻製した胸肉、2~4人前です。

「ん~っ
スモーキーで、ジューシー
噛む度に肉汁ジュワッジュワッと染みだして、とっても美味しい~

ガチョウ肉、最高~。うめ~

胸肉なのに、しっとりしていてジューシーなんです
肉汁と旨味が凄いから、いつまでも噛んでいて飲み込みたくないって思っちゃう。

もちろん、ビールにも最高に合いますよ。
あっビールはホテルの予約プランに付いていたもので、チェックインの時にフロントでいただきました~。

台湾に来たら、「ガチョウ肉」オススメですよ~

今日は、ぴー助の体調があまりよくないので、夜は出掛けずにお部屋でテレビを見ながらゴロゴロしま~す。

つづく

お店Data
「阿城鵝肉」

台北市中山區吉林路105號
11:30~21:30
定休日:無し
アクセス:MRT行天宮駅・1番出口から徒歩6分