「特製山東燒鶏が美味しすぎて大興奮!!」 犁園湯包館 No.39

4日目 その13

二人とも疲れてぐっすり寝てしまって、気付いたら外は真っ暗でした。
MRTに乗って夕食を食べに行きま~す。

駅から近くてリーズナブル「犁園湯包館」

MRT南京復興駅の5番出口から徒歩2分、赤い看板が目印です。
2010年オープンの犁園湯包館(lí yuán tāng bāo guǎn/リーユェンタンバオグァン)

momo達が、お店に着いたのは19時半くらいでした。
夕飯時だったので、満席で少し待ちました。

店内はとても綺麗で、気持ちがいいです。
厨房はガラス張りになっているので、調理する様子が見えます。

席が空いたので、着席しま~す。

注文はオーダーシートの食べたい物にチェックを入れて、お店の人に渡します。

調味料やタレ、生姜、お漬物などはセルフで準備します。

無料でお茶を出してくれました。
アルコールや、その他の有料の飲み物は自分で冷蔵庫から取り出します。

小菜(小皿料理)も棚に置いてあるので、食べたい物があれば自分で持ってきます。

「特製山東燒鶏」が美味しすぎてヤババ~!!!

しばらくすると、注文した物が次々と運ばれてきました。
(価格は2016年現在のものです)

上海小籠湯包(8個) 120元

スープたっぷりで、普通に美味しい
鶏かな?あっさりしています。

牛肉餡餅(niú ròu xiàn bǐng) 40元

牛ひき肉が入った饅頭の表面を、カリッと焼いてあります。


かぶりつくとヤケドしちゃうので、お箸で割ると中から肉汁が溢れ出てきます。
アツアツジューシーで美味しい~

腐乳空芯菜(fǔ rǔ kōng xīn cài) 130元

腐乳」は豆腐に麹をつけて、塩水中で発酵させた発酵食品です。
腐乳」のコクと塩気と、ニンニクシャキシャキの空芯菜と合って美味しい~

スポンサーリンク


 

特製山東燒鶏(tè zhì shān dōng shāo jī) 180元

代表的な山東料理(華北料理)です。
山東料理とは、中国「四大」料理の一つで、中国で最も歴史が長く、技法も最も豊富で、難易度の高い料理です。

momo達は他のお店でも、この料理を食べたことがあるけれど、ここのは別格でした

料理が運ばれてきた時は、思っていたよりも量が多かったので「食べきれないかもって思いました。

でも、一口食べたら美味しすぎて箸が止まらな~い
「ヤバ~イ何だこれ、超~うめ~

揚げた鶏肉が、やわらかくてジューシーマスタードの効いたタレが最高に合う~

マスタードのタレが、物凄く美味しかった~。
このタレ、家でも作れないかなぁ~。

 

流沙奶皇包(liú shā nǎi huáng bāo) 35元

momoの大好物です。
もう、お腹一杯だけど別腹~

ふわふわの生地の中から黄金色のクリームが、とろりんちょ。
「ん~おいしい~幸せ~」

犁園湯包館は、駅から近いリーズナブル美味しいの三拍子そろったお店でした。

momo達が帰るまで、お客さんはひっきりなしでした。
料理が運ばれてくるのも、早かったです。

店内はそんなに広くはないのでmomo達も食事の途中に、仕事帰りのサラリーマンと相席になりました。(6人掛けのテーブルだったので)

店員さんは元気で、気が利くし、親切でした。
オーナーさんも、気さくな方でしたよ。

小籠包もいいけど、momoは特製山東燒鶏が、絶対オススメ
また、食べた~い

つづく

お店Data
「犁園湯包館」

台北市南京東路3段256巷24號
11:30~14:30
16:30~21:30
定休日:旧正月