「基隆廟口夜市☆軽い口当たりと香ばしい香りの伝統的な中華菓子」 金興麻粩 No.34

4日目 その8

バス停から歩くこと約10分弱

基隆廟口夜市黄色い提灯が見えました~。

「基隆廟口夜市」って?

基隆廟口夜市(jī lóng miào kǒu yè shì)は、1875年建立の「基隆奠濟宮」という廟を中心として栄えた夜市です。

基隆」は、港町なので夜市では海鮮料理も楽しめます。
通りの両サイドと、道の真ん中にズラ~ッとお店が軒を連ねています。

夜市なので17時頃から開店するお店もありますが、24時間営業のお店や、朝・昼から営業しているお店も沢山あります。

momo達が行ったのは、小雨が降っていた平日のお昼過ぎでしたが、沢山の人で賑わっていましたよ。
バスがだいぶ遅れたせいで、時刻は14時半過ぎでした

予定が大幅にずれ込んじゃったけどさっそくmomo達も、散策開始で~す

伝統的な中華菓子の老舗「金興麻粩」

momoは今回基隆廟口夜市(jī lóng miào kǒu yè shì)で、絶対に買って帰りたいお菓子があったのだ~。

それは、麻粩(má lāo/マーラオ)
麻粩」は、タロ芋と、もち米を原料にした伝統的な中華菓子です。

写真がないので、こちらを参考にして下さい。

参考 廟口夜市 徹底攻略ガイド 「金興麻粩」旅々台北

発酵させた生地を油で揚げて、水飴を掛けてゴマや、ピーナッツをまぶしてあります。
麻粩」は、台湾のあちこちで見かけますが、金興蔴粩(jīn xīng má lāo/ジンシンマーラオ)は100年の老舗で有名な蔴粩店なんです。

夜市に入ってすぐにお店を発見しました。

種類が色々あるので迷っていると、後から来た台湾のおばちゃん達が次々に沢山買っていきます。

momoは、色々な種類が入った綜合珍珠粩(ミックス)100元を自宅用と、実家用に2つ買いました。

スポンサーリンク

軽くて美味しいからお土産にぴったり

日本に帰ってからいただきました~

外袋を開けると「麻粩」は、一つ一つの個包装になっています。

参照:基隆廟口金興蔴粩 Facebook

水飴が掛けであるので、表面は少し固いです。

噛むと水飴がネト~として、中は「ふ菓子」みたいにサクッフワッとした軽い食感です。

ん~ほどよい甘さで、ゴマやピーナッツの香りが香ばしくて美味し~

momoの大好きな味です。
食べだしたら止まらな~い

ミックスを買ったので、5種類くらい入っていました。
その中でmomoの1番のお気に入りは、ピーナッツです。

momoの両親「美味しかった~って言ってくれました。

1袋しかないから、大事に大事に食べました。
次に行った時は、沢山買って帰ろう~。

少しかさばりますが、軽いし個包装なのでバラマキ土産としても良いかもしれません。
とても美味しいので、お土産にオススメですよ~

基隆への行き方

基隆⇔台北

「基隆⇔台北は バス移動がオススメ」 国光客運 No.38

九份(瑞芳駅)⇒基隆

「笑っちゃうくらいスリル満点★台湾バスの旅」瑞芳→基隆 No.33

つづく

お店Data
「金興蔴粩」

基隆市基隆廟口 62號攤 (屋台番号:62)

月曜~土曜日:9:00~22:00
日曜日:9:00~23:00
年中無休(但し農曆春節期間は休み)

ローカル線の旅にお薦めの一冊

【台湾本】”台湾で日帰り旅”「鉄道に乗って台湾のローカルに出かけよう」