「魅惑の台湾小吃(*˘︶˘*).。.:*♡鹽酥雞」台湾塩酥鶏 No.17

2日目 その10

台湾人が愛してやまない病み付きB級グルメ

本格的に雨が降ってきたけど、他に美味しい物はないかなぁ~MRTの駅に向かって臨江街を傘をさしながらキョロキョロ

ちょうど信号が赤になってふっと横を見ると、んっんっ

あれ~このお店MRT大直駅近くにあって、いつか行きたいと思っていたお店じゃない

「ねえねえ、このお店行きたいと思っていたお店だよね?」

「おおっそうだよ。行こうぜ

こんな所に支店があってラッキー

塩酥鶏(鹹酥雞/yánsūjī)は、台湾風唐揚げ。
鹹=塩味
酥=サクサクの食感
=鶏肉

1970年代の台南で出来た食べ物で、衣にタピオカ粉を使ってサクサクとした食感に揚げて、スパイスが効いたフライドチキンです。

現在では、肉・魚・野菜・豆腐・練り物・スイーツまで何でもありです。
台湾の人達は塩酥鶏が大好きなので、街中でも夜市でも塩酥鶏のお店を多く見かけます。

そんな中台湾塩酥鶏創始總店は創業1981年、台湾の揚げ物の人気投票で一位になった事もあるという事で、いつか行きたいと思っていたいたから嬉しい~

店内のショーケースには約70種類の食材が、びっしり並べられています。
どれにしようか迷います。

注文は、マークシート式なのでとっても簡単。
 オーダーシート(マークシート)を取る

 食材にも番号札があるので確認しながら、欲しい食材と必要量を記入

 お店の人に渡してお会計

 番号札を渡されます(レシートに番号が印刷されています)

 レジ近くの電光掲示板に、自分の番号が表示されたら取りに行けばOK!

店内は沢山のお客さんで賑わっています。

スポンサーリンク

momo達もオーダーシートを片手に、ショーケースを覗き込みます。
どれも美味しそうで迷うなぁ~ワクワク

馬鈴薯條(フライドポテト) 35元

鹽酥鶏(鶏の唐揚げ) 50元

筊白筍(マコモダケ)50元

写真では分かりにくいですがこの3種類を注文しました。

緑の葉っぱは「九層塔(台湾バジル)」で、鹽酥雞を揚げた最後に台湾バジルを加えて一緒にサッと揚げて一緒に食べます。

ホテルに戻って食べようかな~と思っていたのに、出来上がりを受け取って袋を開けると、ん~いいにおい~

「1つだけ食べてもいい?」ってパクっとつまみ食いしたら美味しい~

「ぴー助も食べてごらんよ美味しいよ~」

うめ~止まら~ん

紙袋に入った塩酥雞を竹串で刺して、熱々をハフハフしながら、結局お店で全部食べちゃいました。

少し濃い目の塩加減なので、ビール&炭酸のお供にぴったりです。
夜市の鹽酥雞屋台はハードルが高くて、緊張しちゃいう人もここのお店なら気軽に挑戦できますよ。
オススメです。

つづく

お店Data
「台湾塩酥鶏 通化直営店」

台北市大安區通化街77號
(MRT信義安和駅4番出口より徒歩5分)
10:30~3:00
無休

台湾塩酥鶏創始總店
台北市北安路530-1號
(MRT文湖線大直駅2番出口より徒歩1分)
10:30~3:00
無休