「ジューシーマンゴー大福」福楽屋★国立台湾文学館☆「レトロデパート」林百貨店 No.7

2日目 その3

マンゴー大福で有名 福楽屋

少し歩き疲れたので、甘いものを補給って事で、福楽屋さんにやって来ました。

店内のショーケースには、ズラーッと大福が並んでいます。
色々なフルーツの大福が有りますが、お目当てはマンゴー大福

50元

前回、初めて食べた時にあまりの美味しさにビックリ感動。
また、マンゴーの時期に食べたいと思っていたんです。

すべすべ真っ白な、お餅の中には大きくカットされた、愛文マンゴーがゴロンと入っています。
ジューシーなマンゴーが、とっても美味しい~。
満足満足

お店Data
「福楽屋」

台南市忠義路二段113号
9:00~22:00
年中無休

ゆっくりとした時間の流れる空間 国立台湾文学館

次のお店のオープンまで時間があったので、国立台湾文学館に入ってみることにしました。

入場は無料です。
ここは、1916年に建設された「旧台南州庁舎」です。

館内に入ると、天井の高い空間が広がっていて、日本統治時代に造られた大きな柱と、赤レンガの建物があります。

穏やかな日差しが差し込み、ゆっくりとした時間が流れる中、みんな思い思いに時間を過ごしています。

ロビーの下には図書館があって、学生さん達が勉強中でした。

momoも、ロビーの椅子に座って休憩。
ぴー助は、カメラ片手に館内を探検していました。
暑い日や雨の日は、のんびりここで文学に触れるのもいいなと思いました。

観光Data
「国立台湾文学館」

台南市中西區中正路1號
9:00~18:00
月曜日 休館日
地図はここから

レトロデパート 林百貨店

お店のオープン時間が近づいて来たので、文学館から林百貨店に移動して来ました。

「林百貨店」は山口県出身の経営者、林方一によって1932年、日本統治時代に設立した、6階建てのモダンなデパート。

当時の台南では、唯一の近代的なエレベーターを備えていた建物ということで、注目されていたそうです。

太平洋戦争中に米軍の空爆を受け、敗戦によって廃業しました。
その後、1998年に市定古跡に認定。

2010年より、修復工事が始まり、2013年に完成。
そして、2014年6月にリニューアルオープンしました。

momo達が、初めて台南を訪れた時は修復中でした。
次の年に訪れた時は、修復工事は終わっていましたが、夏休み限定で無料解放していた時期とタイミングが合わず、見学出来ず。

今回、遂にデパートとして営業再開した林百貨店に入店できる。(ワクワク)
お店の入り口には行列が出来ていました。

momo達も並びます。
そして、お待ちかねのオープン。
入り口では、日本のデパートと同じで、制服を着たお姉さん達が「歡迎光臨」と出迎えてくれました。

1階は、台湾の特産物が並んでいます。

2階は、雑貨や器など台南をテーマにデザインした商品が多くありました。

3階は、ファッションフロア
無農薬天然ハーブの石鹸、”阿原”の商品も置いてありました。

4階は、サロンでコーヒーショップ

5階は、レストランフロア

そして、6階の屋上に上がると、台南の町並みが見渡せます。

小さなお土産売り場もあって、林百貨店のオリジナルグッズなどが販売されていました。

一通り全フロアを見て回りました。

メイド・イン・台湾の物や、林百貨店の林のロゴが入ったグッズなど、
センスのいいステキなデザインの物が沢山ありました。

お値段が全体的に高いので、手が出ませんでしたが
見るだけでも楽しめるし、お茶や食事も出来るし、写真や観光のスポットとして、楽しめる場所だと思います。

台南の歴史を感じながら、新しい台南も発見できるので、おすすめ。

つづく

お店Data
「林百貨店」

台南市忠義路二段63号
11:00~22:00
年中無休
地図はここから
ホームページ